ぽっこりお腹解消法

 

 

ぽっこりお腹の解消法とは?ぽっこりお腹をなんとか治したいと思いますよね。ぽっこりお腹を解消するためにはまずは、自分のお腹がどうしてぽっこりなのかを知ることから始めなければいけません。ぽっこりお腹にも種類?があります。お腹がぽっこりしている原因によってその対策も違ってきます。

ぽっこりお腹の原因や解消法も人それぞれ違います。ただ単に太っているからぽっこりお腹ではありません。最近多くなっているのが、お腹以外は普通なのにお腹だけが出ている人。

1.お腹周りに特に脂肪が多い

2.便秘で腸が膨張している

3.姿勢が悪い

4.胃下垂

簡単に以上のようなことが考えられます。

中でもぽっこりお腹の原因で特に多いのお腹周りに脂肪が多い、姿勢が悪い、便秘で腸が膨張してお腹がでているです。女性に多いのが便秘が原因のぽっこりお腹です。

 お腹に効くエクササイズをするのがいいのか、筋トレをするのか、漢方薬を内服するのがいいのか、姿勢を正すのがいいのか方法も様々あります。 自分のお腹の状況に合わせた方法でぽっこりお腹を撃退しましょう。 内臓脂肪が原因でお腹がぽっこりしている場合はどうする~?お腹にたっぷりとついてしまった内臓脂肪を燃焼させて減少させるためには有酸素運動が効果的です!例えばウォーキングですね。有酸素運動にプラスして行いたいのが腹筋です!内臓脂肪は皮下脂肪に比べると減少しやすいので意外にちょっとした運動で減少させることが出来るんですよ。毎日少しずつやってみると10日~14日でぽっこりお腹の具合が以前と比べて変化しているのがわかるはずです。

 

■ 意志が弱いほど“やせる”方法 【スーパーダイエット】

お腹ぽっこりと便秘の関係

ぽっこりお腹の原因の一つに便秘があります。便秘というと女性の悩みの種の一つだともいえますが、近年食生活の欧米化の影響もあり女性の半数以上が便秘に頭を悩ませているようです。

便秘とお腹ぽっこりがどう関係あるのか?腸の動きが悪いと老廃物が非常に溜まりやすくなります。そして老廃物がたまってくるとだんだんと腸が固くなり老廃でいっぱいになった腸はパンパンに膨れ上がってお腹の内面からの圧力でお腹が膨張してくるのです。

便秘が原因のお腹ぽっこりはお腹周りがぽっこりして見えるだけではなくその他の影響もでてきます。腸内に便が溜まることで便が腐りだし毒素を発生させます。ニキビ等の肌トラブルは代表的な例ですね。ニキビ意外にも頭痛、お腹のはり、肌荒れ、口臭等の症状がでてきます。

便秘によるぽっこりお腹を改善するためにはやはり便秘を解消するしかありません。規則正しい生活、食物繊維をとる、朝起きたときにコップ一杯の水を飲む、乳製品を積極的にとることが大切です。

ぽっこりお腹を改善するためには便秘を解消すれば自然にお腹のぽっこりが無くなっていくのが実感できるはずです。

ぽっこりお腹を解消させる“やせる”方法 【スーパーダイエット】

 

 

 

 

ぽっこりお腹エクササイズ

ぽっこりお腹の原因で多いのが内臓脂肪!太目の体型の人は特にお腹まわりも目立つ状態になっていますよね。太目の体型の人はお腹周りにはたっぷりと内臓脂肪が蓄積されています。女性、男性問わず内臓脂肪が原因のぽっこりお腹に悩んでいる人は非常に多いのが現状です。お腹周りは前、左右と脂肪がとてもつきやすいところです。内臓脂肪は簡単に蓄積されてしまうものですが自分の力で燃焼させることも可能です。内臓脂肪を減らすにははやり有酸素運動が効果的!基礎代謝を上げて脂肪を燃焼しやすい体を作っていくことが大切です。ぽっこりお腹の内臓脂肪に効果のあるエクササイズは?ウォーキングが優れた有酸素運動であることは、よく知られていますね。また、有酸素運動で脂肪を燃やすためには少なくとも20分以上続けなければいけない、と言われていることも、特にダイエット中の人ならご存知かと思います。最近は有酸素運動に時間は関係ないという意見も出てきてどちらが正しいのかはまだ解明されていないようです。数分だけでも有酸素運動をすれば脂肪は燃焼されるとの意見も強くなってきているようなので。

では、有酸素運動によってどのようにしてぽっこりお腹の脂肪が燃やされるのかといいますと。人間が運動をすると、始めは血液中や筋肉中の糖分を筋肉を動かすエネルギーとして使っていきます。それがなくなると、肝臓から筋肉の収縮に必要な成分(ATP:アデノシン三燐酸)が供給されるのですが、それも貯蔵分を使ってしまうとなくなってしまいます。この肝臓貯蔵分がなくなるまでの時間がおよそ20分間なのです。すると、肝臓は体脂肪を糖分に変換し、筋肉を動かすためにATPの供給を続けるため、脂肪を燃焼できるのです。そのため、有酸素運動で脂肪を燃焼するためには20分以上、できれば30分間が目標となります。効率よくぽっこりお腹の脂肪を燃やすためには、血流を盛んにしておくことが必要です。ウォーキングを行なう前に、十分なウォーミングアップをして血流をよくしておくことが大切で、十分なウォーミングアップができていれば、1回に10分のウォーキングを3回に分けて行なっても効果があるとも言われています。始めから「30分間歩こう」と気合を入れて、結局続かなければ意味がありません。ダイエットでも健康維持でも、ウォーキングを継続してこそ効果があるものです。無理せず、徐々に時間を増やし、最終的に30分以上を目標にして歩き出してみてください。まだ数分で効果があるとの見解が正しいというわけではないので。ウォーキングをするときは姿勢を正すことを忘れずに。お腹を意識して歩いてみましょう。姿勢が原因でお腹がぽっこりしている人も多いですから常に姿勢を意識しておきましょう。

毎日数分でもいいのでエクササイズ、有酸素運動を取り入れてぽっこりお腹改善させましょう。 

ぽっこりお腹(下腹)解消ダイエット法をdel.icio.usに追加する ぽっこりお腹(下腹)解消ダイエット法をニフティクリップに追加 ぽっこりお腹(下腹)解消ダイエット法をLivedoor クリップに追加 ぽっこりお腹(下腹)解消ダイエット法をFC2ブックマークに追加 ぽっこりお腹(下腹)解消ダイエット法をはてなブックマークする ぽっこりお腹(下腹)解消ダイエット法を含むはてなブックマーク このblogをはてなアンテナに追加